06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 08

ふくしかくネット:保育士試験攻略講座

保育士試験合格へ向けて、各科目の特徴や取り組み方、内容面でのポイントなどを書き綴っていきます。社会的養護・教育原理、子どもの食と栄養につきましては、「社会的養護・教育原理攻略講座」、「子どもの食と栄養攻略講座」があるので、このブログでは、それ以外の6科目を取り扱っていきます。

実技試験の直前学習のポイント 

Posted on 20:05:15

<実技試験の直前学習のポイント>


いよいよ今週末に実技試験が実施されますね。

実技試験となると緊張の度合いも増してしまいますが、今まで準備してきたものを本番で出す、という意味では、筆記試験と共通するものがあります。
自信をもって、直前の3日間を過ごしましょう。
直前期にみなおしておくとよいポイントや練習方法を、分野ごとにまとめましたので、確認していただければと思います!


◆◆1.音楽表現に関する技術(ピアノ伴奏の場合)

(1)大きな声で歌う練習

「受験申請の手引き」に記載されているように、「幼児に歌って聴かせること」を想定した弾き歌いなので、ピアノの演奏よりも、歌が重要です。

試験室は、通常、防音の狭い部屋にアップライトピアノが壁向きに設置されていることが多く、ピアノの音がかなり大きく響きます。
そのため、ピアノの音に負けない声で歌えるようにしておかなければなりません。

大きく発声するためには、よい姿勢での演奏が必須です。
練習時は毎回、背筋を伸ばしてよい姿勢で演奏できているかチェックするとともに、なるべく視線は手元よりも前方の楽譜のほうへ向けましょう。手元の下の方向へ発声するよりも、声が通りやすくなります。
手元を見ないことが難しいようであれば、楽譜のほうを見るよう意識するだけでも十分です。できる範囲で、手元を見る回数を減らすように、練習時に心がけるとよいかと思います。

また、試験場のピアノにはあらかじめ楽譜が設置してありますが、見慣れた自分の楽譜を見ながらの演奏のほうが気持ちが落ち着きます。自分の楽譜を持ち込めるよう準備しておきましょう。


(2)表現の練習

歌やピアノの基本的な練習は重ねてきた、というレベルであれば、さらに合格を確実にするために、豊かな表現に挑戦しましょう。

具体的には「ゆっくり、はっきり、感情を込めて」演奏します。

「おかあさん」の「おかあさん、なあに」の部分は、歌詞をなぞるというより、会話しているように、優しく明るい声で表現しましょう。親子の温かいつながりを表現できるといいですね。

「アイアイ」は、言葉の響きの面白さがポイントです。面白さが幼児に伝わるよう、リズミカルに歌います。同じメロディの繰り返しが多い曲ですが、9~12小節目の「アイアイアイアイしっぽのながい」の部分は、より軽やかでリズミカルに、最後は長く伸ばすように歌うと、曲の中でも変化が出て、子どもも楽しく感じられるかと思います。

2名の採点委員からは受験者の表情があまり見えないのが通常ですが、「幼児に歌いかけている」というイメージをもって、にこやかに弾き歌いしましょう。(そのためにも、「(1)大きな声で歌う練習」で説明した、手元ばかり見ない、という点は重要です。)


(3)ピアノ演奏について

「途中で止まってしまうこと」が大きな減点につながります。 少しくらいピアノ演奏を間違えても、弾き直さずに、歌い続けることが大切です。
とはいっても、本番では演奏を間違えると頭が真っ白になってしまい、演奏が止まりがちです。間違えた場合の練習、というとおかしいですが、今日からは、演奏を間違えても弾き直さずに歌い通す練習も行いましょう。
右手での旋律の演奏だけでも合格点がつく、という話もあるくらいなので、左手の伴奏が止まっても、右手の演奏と歌を続ければ大丈夫です。

また、普段、電子ピアノやキーボードで練習を行っている方は、できれば試験までに一度、アップライトピアノやグランドピアノで演奏してみることをお勧めします。タッチや響きがかなり違うことに驚かれると思います。
公民館や地域センターで借りられる場合もありますし、大手音楽教室などでは、教室に通っていなくても借りられるところがあるようですので、一度探してみたらいかがでしょうか。



◆◆2.造形表現に関する技術

造形表現では、多くの受験生が本番での時間不足に泣いており、「とにかく45分以内に描ききる」ことが重要となってきます。
以下の対策は、少し乱暴ですが、絵画が苦手だがしかたなく選択した・・というような方の参考になればと思います。

(1)背景や構図を決める

保育室、園庭、公園については描き方(構図)を決めておきます。本番では、自分が練習してきた場面のうち、実際の問題に近いものを応用するという態勢を整え、本番で全体構成などで迷わないようにしておくことが必要です。


(2)人物の配置を決める

例えば、右側に斜め正面を向いた保育士を大きく配置し、左向き・左斜め前向き・正面向きの子ども3~4人を全体的に配置する、など、構図は固定しておくといいでしょう。
意外なことに、人物の配置を決めてしまっても、背景や小物を変えればほとんどの場面に対応できてしまいます。


(3)人物の設定を決める

保育士1人、子ども4人については、髪型、服の色など細かい部分まで決めてしまい、体の向き、姿勢などを変えたいくつかのバリエーションで素早くかけるよう、練習しておきます。服の色でできるだけ多くの明るい色を使うと、全体的に明るい雰囲気に仕上げることができます。

また、人物は小さくなりがちなので、意識的に大きく、生き生きとした表情(基本は笑顔)に描くことが大切です。

<練習の例>
保育士:右斜め向きで、立ち姿勢、膝立ち姿勢
男児2人女児2人:左向き・左斜め前向き・正面向きで、立ち姿勢、走り姿勢、体育すわり


(4)時間配分を決め、配分を守って描いてみる

実際の試験では45分しか時間がないので、すべてそこから逆算して、自分なりの時間配分を考えます。

標準的には、問題文の読解と構図の検討に5分、下書きに10分、色塗り(仕上げ)に30分程度となります。
問題文の把握と構図の検討に5分では少ない感じがしますが、前述のようにあらかじめ構図や人物を決めておけば、(1)~(3)の組み合わせを考えるだけなので、すぐに取りかかることが可能です。

本番では、どうしても時間が足りなくなります。もし、下書きが10分で終わらない見込みでも、大まかなラインだけ描いて配分通りの時間で下書きは終了し、色塗りに進んだほうが完成に近づきます。

色塗りのテクニックとしては、地面、空、床、壁などの広い面については、色鉛筆の芯の横の面を使うと速く塗れます。今からでも徹底的に練習しておきましょう。
塗り残しがあると、減点される可能性があります。その意味でも、速く色を塗るという意識を強く持っておくことが重要となります。



◆◆3.言語表現に関する技術


言語表現は、実は非常に難しい面のある分野です。
採点委員2名の前で原稿も何も持たずに3分間お話しをしなければならないとなると、非常に緊張してしまいます。が、一字一句を覚えている必要はありません。ストーリーを把握して、表現できればよいのです。

今の時期はもう、原稿の手直しはせず、とにかく声を出し、時間を計って、暗唱を繰り返すことが重要です。
家族などに聞いてもらって実演する練習方法もありますし、自分のお話を録音・録画して、自分で聞き返し・見返しをすれば、暗記の定着にもつながるのでお勧めです。

話し方については、以下の項目をチェックしておきましょう。

(1)基本

3歳児が聞きやすく、楽しめるように、ゆっくり、はっきり、感情を込めて話します。
口をしっかり開けて、しっかり動かして話すのがポイントです。

視線は、採点委員を見つめるのではなく、子どもに見立てた椅子を中心に、20人の3歳児が目の前に座ってお話を聞いていることを想像し、ひと呼吸ごとに全員を見回す感じで視線を動かすようにします。


(2)声

登場人物(動物)によってセリフの声色を変えます。
「大きいもの」を表現するときは、力をこめて、太くて低い声、「小さいもの」を表現するときは、少し小さくて高い声で表現します。

「嬉しい」「楽しい」「悲しい」などについても、それぞれ感情を込めて、セリフの声色を変えます。擬声語・擬態語も、イメージ豊かに、リズミカルに表現します。


(3)表情

「楽しい」場面では、口角を上げて、にこやかに、「困った」場面では眉間にシワを寄せます。
「驚く」場面は、目を見開いて、口を開けながら、「はぁっ」と息を吸い込む感じで表現します。
表情については、鏡を見ながら練習することが大切です。


(4)身振り・手振り(ジェスチャー)

子どもがお話(音声)に集中することができなくなる、という理由から、ジェスチャーは控えめに、と言われています。

「おむすびころりん」の「お餅をつく動き」や「3びきのこぶた」の「オオカミがふーっと息を吹きかけるしぐさ」というレベルのジェスチャーを何か所かに入れるくらいがベストです。

体を大きく前後に動かしたり、尻もちを大げさについたりすると、減点されるおそれがあるので注意しましょう。


(5)時間配分

時間が余るということは、予定より早口になっているということになります。
アピールできる時間も減るので、「時間が余るのはあまりよくない」と言われています。

実際の試験では緊張して早口になりやすいので、意識的に、早口にならないように落ち着いて話す練習を重ねることが必要です。

逆に、3分間でお話が終わらない場合でも、それだけで決定的に減点されることはないようです。
ただ、さすがに、お話しの山場にも至らずに終わってしまったら厳しいので、途中で無言になってしまう時間などを作らないよう、とにかく練習しましょう。


(6)間違えた場合

途中、お話を間違えた場合は、落ち着いて話し直せば問題ありません。
下手に謝ったり、「先生間違えちゃった。ごめんね。」などの演技を用意しておく必要はありません。

緊張して笑顔が引きつったり、多少声が震えたりしても、減点になることはないと思います!
恥は捨てて、開き直って臨みましょう!


「保育士試験科目別リベンジセット」などの【 ふくしかくネット 】

【 ふくしかく楽天市場店 】byふくしかくネット

にほんブログ村 保育士試験

テーマ - 資格取得

ジャンル - 学校・教育

タグ - 保育士試験  実技試験  直前対策  音楽表現  造形表現  言語表現 
共通事項  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

△page top

Secret

△page top

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

訪問者数