FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 09

ふくしかくネット:保育士試験攻略講座

保育士試験合格へ向けて、各科目の特徴や取り組み方、内容面でのポイントなどを書き綴っていきます。社会的養護・教育原理、子どもの食と栄養につきましては、「社会的養護・教育原理攻略講座」、「子どもの食と栄養攻略講座」があるので、このブログでは、それ以外の6科目を取り扱っていきます。

社会福祉の出題傾向について 

Posted on 19:09:33

<社会福祉の出題傾向について>

「社会福祉」についても、「教育原理」「社会的養護」と異なり、20問ある(8問まで落とせる)こと、「保育士試験出題範囲」の項目に沿って「社会福祉」全体から浅く広く、淡々と出題されていることから、予想やヤマ張りは難しくなっています。
とにかく、捨て問になるような難問・時事問題を今から追いかけることはせず、頻出事項を押さえて6割をしっかり守り、消去法や一般常識も駆使して、結果的には、合格ラインを大きく超えているという形をめざしましょう。


【社会福祉法】

基本は「社会福祉法」の条文です。
福祉サービスの理念、福祉事務所、社会福祉法人、社会福祉事業、社会福祉協議会などが問題の表題になっていても、記述の半分は「社会福祉法」の規定だったりするわけです。

余裕があれば、「社会福祉法」の重要条文(リベンジセットの条文集の【重要度A】)にしっかり目を通しておけるといいでしょう。


【関連諸制度】

生活保護、年金、雇用保険、医療保険、介護保険の基本はしっかり押さえて、知らない記述があっても消去法で対応できるようにしておきましょう。

「地域福祉計画」(社会福祉法)、「障害者基本計画」(障害者基本法)、「障害福祉計画」(障害者総合支援法)「医療費適正化計画」(高齢者の医療の確保に関する法律)などの、計画名が紛らわしい福祉関係計画の根拠法、おおまかな策定事項を問う問題も頻出です。


【社会福祉における利用者の保護にかかわる仕組み】

社会福祉事業の経営者から、利用者を守る、ということですね。
この分野の内容をしっかり押さえられているかどいうかが、「社会福祉」で無難に合格点を取れるかどうかの分かれ目になると思います。
平成27年の全国試験では問15~18がこの分野に関する出題となっており、毎年数問はこの分野から出題されているので、とにかくこの分野だけでもまずはしっかり押さえていただきたいと思います。
「社会福祉法」第75条~第85条くらいの条文が根拠になっているので、それらの条文もしっかり見ておいてください。

① 第三者評価
「社会福祉法」第78条と関係しますが、児童養護施設等の社会的養護関係5施設以外の福祉関係施設においては、いまだ法令上の義務になっていない点に注意してください(保育所は努力義務)。

② 苦情解決
トラブルが常に解決に至るとは限らず、努力義務となっています(社会福祉法82条)。
運営適正化委員会にも注意しましょう。

③ 権利擁護
日常生活自立支援事業成年後見制度を押さえておきましょう。

④ 情報提供
「社会福祉法」第75条がベースですが、「児童福祉法」その他福祉関係法においても情報提供の努力義務が定められています。
「福祉サービスに関する情報提供は、1994(平成6)年の老人福祉法改正によって、初めて法律上規定された。」(○)
という知識がたまに役に立つことがあります。


【相談援助に関する問題(事例問題を含む)】

事例問題を含む相談援助に関する問題については「バイステックの7原則」から考えるといいでしょう。
「バイステックの7原則」は、簡単に説明すると、

①個別化の原則: 利用者(相談者)のケースを他人のケースと比べることはしない。
②意図的な感情表出の原則: 利用者が気持ちをさらけ出せるようにする。
③統制された情緒的関与の原則: 援助者自身の感情は抑えて、利用者に共感する。
④受容の原則: 基本的に、とくかく利用者を否定しない。
⑤非審判的態度の原則: 援助者自身の価値観で断定しない。
⑥自己決定の原則: 基本的に、とにかく援助者は決定しない。
⑦秘密保持の原則: たとえ施設の職員同士であっても、利用者の同意なく、相談内容等を他言しない。

これで、事例問題も含め、相談援助勢に関する問題には、かなり対応できるはずです。
あくまで利用者が主体であり、援助者は基本的には聴き役であり、専門外の相談については専門機関につなぐ、関係機関と連携する、のが「適切」だということになります。

というわけで、出題事項が多岐にわたるため、やはり歯切れが悪くなってしまって申し訳ございませんが、勉強の優先順位づけ、メリハリづけの参考にしていただけると幸いです。


「保育士試験科目別リベンジセット」などの【 ふくしかくネット 】

【 ふくしかく楽天市場店 】byふくしかくネット

にほんブログ村 保育士試験

テーマ - 資格取得

ジャンル - 学校・教育

タグ - 社会福祉  対策 
社会福祉  |  -- trackback  | 5 comment |  edit

△page top

児童家庭福祉の出題傾向について 

Posted on 18:20:53

<児童家庭福祉の出題傾向について>

「2016保育士試験:社会的養護・教育原理攻略講座」へのコメントで、「児童家庭福祉」の出題傾向を取り上げてほしいとのリクエストがございましたので、こちらのブログで記事にさせていただきます。

「児童家庭福祉」については、「教育原理」「社会的養護」と異なり、20問ある8問まで落とせる)こと、「保育士試験出題範囲」の項目に沿って「児童家庭福祉」全体から浅く広く、淡々と出題されていることから、予想やヤマ張りは難しくなっています。

しかし、「児童家庭福祉」については、過去記事<児童家庭福祉対策>(2014年05月02日)を掲載させていただいたときから、だいぶ状況が変動しており、確かに、ここ2年くらいで確実に難化している感があります。

簡単な条文問題や歴史問題は残っているものの、過去問にない統計データからの出題が非常に多くなり、また「児童福祉法」の条文であっても非常に細かいものや「児童福祉施設の設備及び運営に関する基準」の細かい内容についての出題が増えています。
さらに、近年、「保育所保育指針」からの出題が続いており、平成27年の地域限定保育士試験では、「家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準」の細かい内容も出題されており、「児童家庭福祉」に関係していれば、どんな法令・統計データでも出題するぞ、という姿勢が感じられ、「難しいそう」「勉強が役に立たない」という印象を受けてしまうと思います。

ただ、「児童福祉六法」の基本的な条文や歴史的事項など、繰り返し問われる頻出事項(基礎知識)に関する出題は続いており、そこを「覚える」つもりで、徹底的に押さえることにより、20問中、「半分程度の正解」は確保できるでしょう。

そこから先は、優先事項をはっきりさせて、そこをできるだけ徹底する、ということになります。
例えば、平成27年の全国試験・問6の「障害者基本法」や、地域限定保育士試験・問10の平成10年代の調査結果はもう出題されないと割り切り、今後も出題されると考えられる法令と統計データをいくつかに絞り込み(リベンジセットのダイジェスト版に掲載されているもの)、正面から向き合っていくことで、「半分程度の正解」は、合格点を楽に超える正解数になっていくと考えられます。

具体的には、まず、
 ・ 「児童福祉六法」の基本的な条文(リベンジセット・ポイント集 第1章:第1節・第2節、第2章:第1節)
 ・ 歴史的事項(同第1章:第3節・第4節)
については、「覚える」つもりで、徹底的に押さえることが必要となります。

※ 児童福祉六法
児童福祉法、児童扶養手当法、特別児童扶養手当等の支給に関する法律、
母子及び父子並びに寡婦福祉法、母子保健法、児童手当法

最近は、
 ・「保育所保育指針
からも出題されており、「保育原理」や「保育実習理論」の勉強から離れている場合は、「保育所保育指針」も得点源として貴重です。

統計データの中でも、昨年の全国試験の「児童福祉法」「社会的養護」と地域限定試験の「社会的養護」で出題された
 ・ 「児童養護施設入所児童等調査結果」(ダイジェスト版p115~)
は、重要な資料なので、今回も出題可能性が高いと思われます。
もっとも、今から1問のために、この細かい数字の並んだ資料に取り組んでいくのは非効率的なので、準備の進んでいない方は、下記のまとめ記事の内容だけでも押さえていただきたいと思います。

<児童養護施設入所児童等調査結果について1>
<児童養護施設入所児童等調査結果について2>

その他、ダイジェスト版掲載の資料では、
 ・「福祉行政報告例の概況」(ダイジェスト版p111~112)
は基本なので、「養護相談より障害相談が多い」ことなどは当たり前のこととして押さえておきましょう。
過去問にない統計データからの出題については、基本的に「現場対応問題」か「捨て問」になると開き直り、(リベンジセットの載っているもの以外に)手を広げすぎないようにしましょう。

また、個別的な事項としては、出題サイクルとの関係から、今年は、
 ・ 「少子化社会対策基本法」(リベンジセット・ポイント集 第3章:第1節)
 ・ 子ども・子育て支援新制度(リベンジセット・ポイント集 第3章:第4節)
 ・ 社会的養護(同第6節/里親、ファミリーホームホーム、グループホーム、小規模グループケア)
 ・ 少年非行等への対応(同第8節)
の出題の可能性が高いと思われます。
(「社会的養護」(科目)を勉強されている場合は、第6節の勉強は不要です。)

子ども・子育て支援新制度につきましては、このブログのカテゴリ「子ども・子育て支援新制度」の記事で少し詳しくまとめておりますので、ご参照ください。

というわけで、出題事項が多岐にわたるため、やはり歯切れが悪くなってしまい、申し訳ございませんが、勉強の優先順位づけ、メリハリづけの参考にしていただけると幸いです。

ご不明の点などがございましたら、またコメント欄を通じて、お気軽にご質問ください。


「保育士試験科目別リベンジセット」などの【 ふくしかくネット 】

【 ふくしかく楽天市場店 】byふくしかくネット

にほんブログ村 保育士試験


テーマ - 資格取得

ジャンル - 学校・教育

タグ - 児童家庭福祉  対策  予想 
児童家庭福祉  |  -- trackback  | 1 comment |  edit

△page top

保育実習理論対策 

Posted on 15:10:27

<保育実習理論対策>

1 「保育実習理論」の特徴

保育士試験・筆記試験の「保育実習理論」は、他の科目と比べて、少し特殊な科目です。

「保育所保育指針」を中心とした法令系の問題が半分近くを占める一方で、音楽、造形、言語というそれぞれ基盤の異なる分野からの問題が並び、実際的な問題も多く、定番の全国社会福祉協議会の「新保育士養成講座第9巻 保育実習」(いわゆる「全社協のテキスト」)があまり役に立たない出題内容となっています。

その中でも多くの受験生を苦しめているのが音楽です。
音楽を専門的に学んだ経験のない人にとっては、どう学習すればよいのかがわからず、捨て問と捉える人も少なくないでしょう。


2 「保育実習理論」対策

しかし、保育士試験・筆記試験で出題されるレベルの音楽は、決して難しくありません。
出題がパターン化しているので、少し手順を踏んで勉強すれば、確実な得点源となるものです。

むしろ、捨てるべき問題は、造形などの一部でしょう。
平成25年の「くす玉」の問題に象徴されるように、「保育実習理論」では、造形に関し、準備できない難問・疑義問がよく出題されるので、音楽を捨てて、造形に頼ろうとすると、かなり苦しいことになります。

音楽こそ確実な得点源と捉えることが、「保育実習理論」の攻略につながるのです。

したがって、「保育実習理論」対策としては、音楽を攻略して得点源とするとともに、「保育所保育指針」と「児童福祉施設の設備及び運営に関する基準」をしっかり押さえ、かつ、その他の事項を浅く広く、合理的にマスターしていくことが必要です。

つまり、「保育実習理論」に限ったことではありませんが、得点源にしやすい(準備しやすい)事項と得点源にしづらい(準備しづらい)事項を区別しメリハリをつけて学習していくことが大切なのです。


「保育士試験科目別リベンジセット」などの【 ふくしかくネット 】

【 ほいくしかく楽天市場店 】byふくしかくネット

にほんブログ村 保育士試験




テーマ - 資格取得

ジャンル - 学校・教育

タグ - 保育実習理論  対策 
保育実習理論  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

社会福祉対策 

Posted on 14:06:47

<社会福祉対策>

「児童家庭福祉」と同様に、保育士試験が全国共通の問題になってから何年かの間は、その取っつきにくさから、難関科目の一つとなっていましたが、現在では、比較的点数の取りやすい科目になっているといえます。

ただ、やはり苦手科目は人それぞれであり、「社会福祉」に苦手意識をもっている方は少なくないと思われます。

運よく最初の受験で「社会福祉」に合格してしまうと気づかないのですが、運悪く最初の受験で「社会福祉」を落としてしまい、しっかり対策をとろうと思うと、その「勉強しにくさ」に気づいてしまうのです。


1 「社会福祉」の特徴

保育士試験の「社会福祉」という科目は、範囲の外枠が不明確で、手を広げるとキリがなくなってしまうという特徴があります。

ただでさえ、形式的には、社会福祉士国家試験の全19科目のうちの10数科目分の範囲をカバーしています。
そのうえ、準備できないような時事的な問題や法律的な問題も平気で出題されます。
また、「保育原理」「社会的養護」「児童家庭福祉」も、本来は「社会福祉」の一部であるため、それらの他科目の中心的事項が出題されることも少なくありません。

そのようなことから、ついつい手つかずになってしまったり、漫然と勉強して、やってもやっても点が上がらないという状況に陥ったりします。

  
2 「社会福祉」対策

では、どのような対策をとればいいのでしょうか?

「社会福祉」でも、社会福祉事業、情報提供、苦情解決、生活保護など、毎年のように繰り返し問われる頻出事項(基礎知識)というものがあります。
それは数多くあるものではありません。

社会福祉で合格点を取るためには、まず、過去問から割り出される頻出事項をしっかり押さえて基礎を固めることが必要です。
また、ある程度の量の問題演習を行って、理念やソーシャルワークに関する問題、事例問題への対応力を養成することが必要です。
そのうえで、時事的な話題にもアンテナを張って、浅く広い応用的知識を一定量以上たくわえていけば、6割という合格ラインは優に超えていけるでしょう。

逆に、それだけやれば、介護保険制度や障害者総合支援制度を深く掘り下げたり、全国社会福祉協議会の「新保育士養成講座第4巻 社会福祉(改訂1版)」(いわゆる「全社協のテキスト」)を隅々まで暗記しようとしたりする必要はまったくないのです。


「保育士試験科目別リベンジセット」などの【 ふくしかくネット 】

【 ほいくしかく楽天市場店 】byふくしかくネット

にほんブログ村 保育士試験



テーマ - 資格取得

ジャンル - 学校・教育

タグ - 社会福祉  対策 
社会福祉  |  -- trackback  | 1 comment |  edit

△page top

児童家庭福祉対策 

Posted on 19:19:44

<児童家庭福祉対策>  

「社会福祉」と同様、法制度に関する出題が中心となる科目です。
平成10年代には、かなり難しい問題が多く出題され、難関科目の一つとなっていましたが、平成20年前後から比較的取り組みやすい科目となりました。

それでも苦手科目は人それぞれであり、「子どもの食と栄養」や「保育実習理論」の音楽問題をまったく苦にしないのに、「児童家庭福祉」や「社会福祉」は苦手、という方もいらっしゃると思います。

確かに、「児童家庭福祉」も、一般常識や福祉一般の知識で解ける問題が少ないため、最初は取っつきにくさがありますが、浅く広く学習して、知識が一定量を超えると、比較的取り組みやすい科目となってきます。

1 「児童家庭福祉」の特徴

平成25年からの保育士試験の「児童家庭福祉」という科目は、平成24年までの保育士試験の「児童福祉」から題名変更された科目ですが、平成25年から適用された新しい「保育士試験実施要領」の「出題範囲」を見ても、「児童福祉」からの実質的な変更点はほとんどなく、実際の平成25年の筆記試験「児童家庭福祉」でも、全体としては出題傾向の変化は見られませんでした。

これは、もともと児童の福祉というものが、家庭の福祉と切り離して考えることができないものであり、今まで「児童福祉」とよんでいた概念の中には、当然「家庭福祉」も含まれていたことに由来する現象だと思われます。

ちなみに、社会福祉士国家試験の旧「児童福祉論」という科目は、平成22年の試験から「児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度」という名称に変更されましたが、出題傾向が変わったということはありませんでした。

したがって、「児童家庭福祉」対策としては、平成24年までの「児童福祉」の過去問の傾向に沿った対策をとっていけばいいということになります。


2 「児童家庭福祉」対策

では、具体的には、どのような対策をとればいいのでしょうか?

ひと言で「児童家庭福祉」と言っても、そのカバーする範囲は多岐にわたります。
児童福祉六法」という言葉があるように、児童家庭福祉に関する法制度だけでも、さまざまなものがあります。
もともと、終戦直後の「福祉三法」の時代から「児童福祉法」も「児童福祉施設最低基準」(現「児童福祉施設の設備及び運営に関する基準」)も存在していた上に、近年の少子化対策や次世代育成支援などの流れに乗って、法律等が次々と制定・改正されています。
加えて、虐待・非行その他、児童家庭福祉に係る多くの問題が生じており、さまざまな統計データなどを把握しておく必要もあります。

そのようなわけで、保育士試験の「児童家庭福祉」という科目は、「社会福祉」と同様に、範囲が広く、手を広げすぎるとキリがなくなってしまうという面を有しています。

ただ、やはり、「児童家庭福祉」という科目においても、繰り返し問われる頻出事項(基礎知識)というものがあり、それは数多くあるものではありません。
さらに、平成10年代には難関科目の一つであった「児童福祉」は、平成20年前後から易化して、空欄補充などの非常に単純な条文問題が多くなっています。

したがって、「児童家庭福祉」で合格点を取るためには、過去問の傾向に沿って、一定レベルまでの頻出事項(基礎知識)をしっかり押さえることが大切です。

加えて、ある程度の量の問題演習を行って解答力を養成するとともに応用的知識を増やし、児童家庭福祉に関するニュースや話題に対してアンテナを張って時事問題への対応力をつければ、もう「鬼に金棒」といえるでしょう。


「保育士試験科目別リベンジセット」などの【 ふくしかくネット 】

【 ほいくしかく楽天市場店 】byふくしかくネット

にほんブログ村 保育士試験



テーマ - 資格取得

ジャンル - 学校・教育

タグ - 児童家庭福祉  対策 
児童家庭福祉  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

訪問者数